今回の見出し大賞【前市川市長の「ぜいたく」机】 オークション参加申し込み受付期間は6月14日まで

最近、あまりにも穏やかな日々で、ツイートすることも忘れていました。
もしかすると、村越ロス、略して「越ロス」かなと。

そんな中、再びマスコミの脚光を浴びている、前市川市長。正しくは、前市川市長が市民の血税で購入を決めた机とイスです。

 

それならばと、オークションサイトを見てきました。

kankocho.jp

 

「木製デスク・チェアセットの売却」という見出しで、正面・横・下などと、さまざまな角度から撮影された机とイスの写真が20点以上も並んでいます。

https://kankocho.jp/items/12334


スーツ姿の市役所の職員が出入りし、こんな↓カーペットが敷かれている市長室に、なぜ、このデザインの机とイスを置きたがったのでしょうね。

 

https://mainichi.jp/articles/20220527/ddl/k12/010/131000c


いや、本当に、おもしろおかしなイタい人だったのだと、机とイスの写真を眺めつう、改めて思いました。

 

 机・椅子とも第1庁舎内に保管されており、現物を見た上で入札したい人は6月21日までなら「下見」することも可能という。

単なる見学だと、見せてくれないんでしょうね、きっと。

 

なお、オークション参加申し込み受付期間は6月14日までとのことです。

 

■追記

www.sankei.com

市によると、公有財産の売却などを行う「KSI官公庁オークション」を使って購入者を募ったところ、市内の企業、ライトニング総合設計室が約300万円で落札。同社の担当者は「まさか落札できると思っていなかった。

 

【前市川市長の「ぜいたく」机】が落札されたようです。残念ながら、港区在住の村越祐民さんではありませんでした。

 

ここでも場外乱闘が起こった模様。

「なんのこっちゃ」とたどると、元市議でした。

なるほど、新聞を読まずにツイートしちゃったんだね。しかも、長文で。

なんだか恥ずかしいぞ。